野菜が足りなかったり脂っこいものばかりの食事など…。

健康診断で出たコレステロール値の高さに頭を悩ませているなら、料理に利用するサラダ油を使用中止にして、α-リノレン酸をふんだんに含有する健康オイル「えごま油」や「亜麻仁油」といった植物オイルにチェンジしてみるべきでしょう。不飽和脂肪酸のひとつであるDHAは自身の体内で作れない栄養素ですから、サバやイワシといったDHAを大量に含む食品を積極的に食べることが推奨されています。飲み過ぎ食べすぎや日頃の運動不足などで、1日の摂取カロリーが一定以上になると蓄積されることになるのが、メタボの原因となる中性脂肪です。日常生活に運動を取り入れつつ、中性脂肪の数字をダウンするようにしてください。どのくらいの量を補給すればいいのかに関しましては、性別や年代などによって千差万別です。DHAサプリメントを服用するのであれば、自分自身に合った量をチェックしなければなりません。ゴマなどに入っているセサミンは、すごく抗酸化作用が強力な成分です。疲労の回復、若返り効果、二日酔い予防など、いくつもの健康効果を期待することができることが判明しています。ドロドロ状態の血液をサラサラの状態にして、動脈硬化や脳卒中などのリスクを少なくするのは言うまでもなく、認知機能をアップさせて認知障害などを予防する貴重な作用をするのがDHAという成分なのです。海老・カニの殻のキチン質にはグルコサミンがたくさん含まれていますが、毎回の食事に取り入れるのは限度があるでしょう。率先して摂取したいのであれば、サプリメントを利用するのが一番です。

体の関節は軟骨に保護されているゆえ、通常は動かしても痛むことはありません。年を取ると共に軟骨が摩耗していくと痛みや違和感を覚えるようになるため、コンドロイチンを摂ることが必要となるのです。健康成分として有名なEPAやDHAは、アジなどの青魚に多く含まれるため同じものだと思われることが少なくないのですが、実のところ役目も効能・効果も大きく異なる別個の栄養素です。生活習慣の乱れが気掛かりだという人は、EPAやDHAが含有されたサプリメントを摂るようにしましょう。メタボの元となる中性脂肪やコレステロールの数値を低下させる効果があるためです。常日頃からの栄養不足やだらけた暮らしなどが要因となり、高齢の人だけでなく、20~30歳代といった若年齢層でも生活習慣病に悩まされるケースがこのところ多くなってきています。肝臓は有害な物質を取り除く解毒作用を有しており、私たちの健康を維持するのに重要な臓器となっています。その肝臓を衰えから守るには、抗酸化パワーに長けたセサミンの摂取がおすすめです。野菜が足りなかったり脂っこいものばかりの食事など、食生活の乱れや普段からのぐうたら生活が要因となって発現してしまう疾病のことを生活習慣病と言うのです。「季節は関係なしに風邪を何度も引いてしまう」、「全身の疲労が取れない」などのつらい悩みを持っているなら、抗酸化作用が期待できるコエンザイムQ10を摂るようにしてみてはいかがでしょうか。脂質異常症をはじめとする生活習慣病は、「静かな殺し屋」と称されている病で、暮らしの中では全然自覚症状がない状態で進み、最悪の状態になってしまうという点が問題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする