高血圧や糖尿病…。

健康

「お腹の中にいる善玉菌の量を増加させて、乱れた腸内環境を改善したい」と切望している人に大事になってく
るのが、さまざまなヨーグルトにたくさん含まれている乳酸菌「ビフィズス菌」です。
健康成分としておなじみのEPAやDHAは、イワシなどの青魚に多量に含まれるためごっちゃにされることが
多くあるのですが、それぞれ性質も実効性も異にする別々の栄養素となっています。
中性脂肪値が気になってきたら、トクホマーク入りのお茶を役立てましょう。日頃自然に口にしているお茶であ
るからこそ、健康に重宝するものを選択しましょう。
コレステロールの数値が高めだったことに頭を悩ませているなら、日頃使っているサラダ油を打ち切って、α-
リノレン酸を多く含んでいる「えごま油」や「亜麻仁油」などの植物オイルに変えてみましょう。
抗酸化作用に優れていて、肌のケアや若返り、健康増進に良いと評判のコエンザイムQ10は、年を取ると体内
での生成量が落ちていってしまいます。

アジなどの青魚に含有されている不飽和脂肪酸EPAやDHAにはLDLコレステロール値を引き下げてくれる
効果が期待できるため、毎回の食事に自主的に加えたい食品と言えます。
高血圧や糖尿病、脂質異常症のような生活習慣病は、それほど自覚症状がない状態で悪化してしまい、病院など
で調べてもらった時には危機的な事態に瀕してしまっていることが多々あります。
健康成分として知られるコエンザイムQ10には、酸化型と還元型の二種類があるのをご存じでしょうか。酸化
型の場合、身体内部で還元型に転換させなくてはならないので、摂取時の効率が悪くなるのは否めません。
日頃の生活で申し分なく必要な栄養をとることができているのであれば、ことさらサプリメントで栄養を摂取す
る必要はないと言えます。
軟骨の元となるグルコサミンは、カニや海老などにふんだんに含有されていることで有名です。日々の食事でち
ゃんと取り入れるのは困難ですので、便利なサプリメントを飲みましょう。

抗酸化効果が顕著で、疲労予防や肝機能の改善効果が高いだけではなく、白髪を食い止める効果が望める注目の
栄養分と言って思いつくのが、ゴマ由来のセサミンです。
ドロドロになった血液をサラサラ状態にし、動脈硬化や急性心筋梗塞などのリスクを減らしてくれるばかりでな
く、認知機能を向上させて老化による物忘れなどを予防する優秀な働きをするのがDHAです。
腸は科学者たちによって「第二の脳」と称されるほど、健康的な生活に不可欠な臓器です。ビフィズス菌みたい
な腸に良い成分を摂取して、乱れた腸内環境を整えることが肝要です。
栄養バランスの悪化やゴロゴロ生活などが主な原因となり、高齢の人のみならず、20代から30代の若年齢層
でも生活習慣病にかかってしまう事例がここ最近多々見受けられます。
カニやエビの殻にはグルコサミンがたくさん含まれていますが、普段の食事に取り入れるには限度があります。
日常的に補うのなら、サプリメントを利用するのが手軽です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました